非常時は生命保険を担保にすれば可能です

貯蓄型の生命保険であれば、生命保険でお金を借りようとすることができる契約者貸付制度が存在するので、生命保険の解約時に生じるお金の生命保険解約返戻金なるものを借金の担保としてとります。

 

利用時も生命保険の保証はきちんと存在しているので安心して利用できます。

解約保険料の金額によって借りることが可能な金額に差があり、解約保険料の70%から90%となっており、このパーセントのひらきは加入者の貯蓄型生命保険の種類によって違うということです。

 

契約者貸付制度の利用手順は、貯蓄型生命保険と呼ばれる終身保険・養老保険・学資保険加入対象者が、自分は生命保険を担保にお金を借りられるかを確認するために、証券記号番号を把握し、利用したいことを先方に伝えてOKをもらって手順を言われたら、申込書に必要事項を記入して必要書類を用意し、それを保険会社に提出すると約1週間ほどでお金を手にすることができます。

 

営業所・支店・代理店に自ら足を運び手続きをするか、郵送で手続きを済ませるか、借り入れ・返済時に使うカードを発行するかはその時にならなければわからないので、指示されたとおりに従えばよいはずです。

 

返済方法はネットバンキング・窓口・ATMが選べます。

生命保険を担保にお金を借りるとかなり低金利で借りられるし、基準さえ満たしておけば審査はないようなものなので、消費者金融や銀行のカードローンのように審査に怯える心配がないので、確実に早急に低金利でお得に借りたい人にはお勧めできる方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です